• Japanese
  • English
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

おしらせ

  • 幻燈機の材料

    2019年01月14日

    本日は、ギャラリー入口に展示中の「反射幻燈機」についてご紹介します!

    幻燈機」とは、今の「プロジェクター」の元となったといえる機械
    レンズから、正面の壁に向けて映像が映し出されます。

    映像の中には、藤子・F・不二雄先生が
    どんな材料を使って幻燈機を作っていたか紹介されています。

     

    注目したいのはこちら。

    正面から見ただけではわかりにくいのですが、
    丸いレンズのところに、銀色の部分が少し出ています。
    この部分が“虫眼鏡”の持ち手のように見えますね。

    作られた物の材料を知ると、より先生が身近に感じられるかも……?

     

    こちらは複製展示ですが、細部まで再現された「反射幻燈機」。
    ぜひ、映像と共にお楽しみください♪

  • カテゴリー

  • 高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーに関するお問い合わせ :
  • 0766-20-1170

  • info@fujiko-artgallery.jp

No reproduction or republication without written premission. 掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。