• Japanese
  • English
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

おしらせ

  • 先生のペン

    2019年08月28日

    本日は、常設展示室の「愛用の仕事道具」というコーナーにある展示中の

    先生のペンについてお話ししたいと思います。

    注目したいのは画面中央にあります、白と黒が特徴的な“つけペン”
    先端にインクを付けて使います。

    まんが家さんが一般的に使われているつけペンは、
    持ち手の部分である「ペン軸」と「ペン先」に別れます。

    そのペン先にもいくつかの種類があり、
    先生が好んで使われていたという「カブラペン」は、
    つけペンそのものではなく、ペン先の種類のことなのです。


    ※カブラペンの入ったケース

    ペン先の種類やメーカーによっても、
    線の太さや硬さ、強弱などの違いがあり、
    中でもこちらのカブラペンが、
    先生の温かみのある作品を産み出すのに一役かっていたんですね♪

     

    実際に先生が手にされていた愛用の仕事道具の数々、
    ぜひ間近でご覧ください!

  • カテゴリー

  • 高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーに関するお問い合わせ :
  • 0766-20-1170

  • info@fujiko-artgallery.jp

No reproduction or republication without written premission. 掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。