• Japanese
  • English
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

おしらせ

  • 上京への思い

    2019年11月13日


    ※高岡駅の2階「万葉ロード(南北自由通路)」の窓からの景色

    線路を見ていると、どこまでも続いているかのような気がしてきますね。


    まだ戦後間もない20歳の頃、先生は10時間かけて東京へ向かいました。
    東京といえば思い浮かぶのは、「上京カバン」。

    こちらは、先生が上京時に持ってきたトランクと思われます。
    上京カバンの展示には、このような言葉も記されています。

    「やはりまんが家になるしかぼくの進む道はないと思い定め、
    母に上京の決心を告げた。
    母は平然として『そうけ』と答えた。」

    上京カバンには今も、その当時の先生の上京への思いが
    強く残されているように感じられますね。

  • カテゴリー

  • 高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーに関するお問い合わせ :
  • 0766-20-1170

  • info@fujiko-artgallery.jp

No reproduction or republication without written premission. 掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。