• Japanese
  • English
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

おしらせ

  • 透明人間の描き方

    2021年10月14日

    本日ご紹介するのはこちら。


    ウメ星デンカ「とうめい太郎」(「小学一年生」1969年3月号)の原画

    常設展示「名作まんがの数々」で紹介している
    『ウメ星デンカ』から「とうめい太郎」の原画です。

    このお話は、からだの色をすいとって
    太郎が透明人間になるお話。

     

    原画の外側に鉛筆で書かれた文字があります。

    「太郎は透明人間 線は細く、ベタなし
     色は後ろの色をそのまま」

    先生が書き添えたアシスタントさんへの指示でしょうか。

    太郎の後ろにいる、お妃と比べると
    先生の指示通り、太郎の線が細く描かれているのがわかります。

    また、指示書きの「ベタ」とは、色を塗りつぶすこと。
    本来は色を塗らないはずだった太郎に、
    完成された作品には色が塗られています。

    制作の過程で、色が加えられたのでしょうか。
    原画が完成するまでの様子が、身近に感じますね。

    現在、好評開催中の5周年記念原画展「ゲラゲラ笑える話」から原画をご紹介。
    第3期の展示作品の中には、1点だけカラーの原画があります。


    新オバケのQ太郎「ヨットをうかべよう」(「幼稚園」1971年7月号)の原画

    新オバケのQ太郎「ヨットをうかべよう」の作品。
    こちらのページは、見開きで描かれています。

    幼児誌掲載の作品で、小さな子にも読みやすいよう、
    大きいコマやシンプルな構成で描かれています。

    まるいコマもかわいいですね♪

    ヨットを浮かべる場所に困ったQ太郎が、
    弟のO次郎のために自分の口でヨットを浮かべるお話です。

    食べるのが大好きなQ太郎が、あわてたり怒ったりしながらも
    ガマンしている姿は、O次郎へのやさしさを感じますね。

    きれいな色合いで丁寧に描かれているので必見です。
    ぜひ、間近でご覧ください。

  • カテゴリー

  • 高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーに関するお問い合わせ :
  • 0766-20-1170

  • info@fujiko-artgallery.jp

No reproduction or republication without written premission. 掲載の記事・写真・イラスト等、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。